私の会社のオフィス移転体験談

オフィス移転の注意点をまとめました!

痛み分けのサブリース

サブリース、いわゆる不動産の転貸ビジネスですが、個人の不動産オーナーに対して、一括借り上げで安心を保証するというのが、大枠での内容です。
今では、大手から小さな不動産業者まで、たくさんのところが扱っています。
サブリースの内容も、不動産業界の発展とともに様々に変わり、その内容も増えてきました。
基本的には、一括借り上げの賃料が一定額のサブリースというのが主流でした。
この場合には、不動産オーナーは、一括借り上げをするサブリーサーから、月額なり年額として、固定の賃料だけを受け取ります。
けれど、それだけではなく、サブリーサーが得た収益の増減が、不動産オーナーの収入に反映されるような形態の不動産サブリースもあります。
サブリーサーが、自分で見つけてきて契約したテナントといくらで契約しようと、また賃料の未収があろうと、不動産オーナーは痛くも痒くもない、というのが、そもそものサブリースでした。
けれど、それだけではなく、サブリーサーが得た賃料収益の何パーセントが、サブリーサーから不動産オーナーに対する賃料、と決められたような不動産サブリース契約もあります。
この場合には、サブリーサーの手腕がよければ、サブリーサーの収益もあがりますし、それに比例して、不動産オーナーの収益もあがります。
ビジネスとしては、お互い嬉しい関係となります。
逆に、サブリーサーの手腕があまりよくなく、収益があがらなかった場合には、不動産オーナーも同じだけの痛手を負うことになってしまいます。
こういった場合、不動産オーナーは、不動産を持っている張本人なのに、痛手を受けることになってしまいます。
そうなっては、サブリーサーとしては、的確なサービスを与えられていないことになってしまいます。
なので、そういった場合のリスク回避として、固定の賃料と変動する収益還元的な賃料をミックスしたような契約形態も増えてきています。
それは、ある一定の固定賃料を、比較的低く設定してスタートし、あとは、プラスアルファの収益分を、サブリーサーと不動産オーナーでシェアするというような考え方です。
痛み分けもありますが、不動産オーナーに痛すぎるというのを避けるための契約形態といえます。
さらに、この場合には、不動産オーナーとしては、自分のビジネスパートナーとしてサブリーサーを捉えるとともに、毎月の賃貸状況なども、自分のビジネスとして管理し、報告を受け、把握していく必要がでてきます。

コメントを残す

*

Theme by Anders Norén