不動産のサブリース企業

サブリースというと、不動産経営のリスクを回避するためのもの、という感じのキャッチコピーを多きめにします。
なんとなく、サブリースをすると、あまり高リターンは望めなくても安心な収益を得られる、安心していられる、というふうに理解されていることが多いようです。
素人の不動産オーナーさんだと、そういったうたい文句で、なんとなく安心を求めてサブリースを考える人もよくいらっしゃいます。
実際、サブリースの何が、不動産のオーナーにとって安心を与えることができるのかというと、それは、収益の確保と、手間からの解放です。
収益の確保というのは、不動産オーナーにとって安定した収益を得られるような仕組みである、ということです。
具体的にいうと、サブリースというのは、サブリースのサービスを提供する企業が、その不動産オーナーから、一括して借り上げるようになります。
なので、一部屋いくら、という賃料ではなく、そのビル一棟いくら、といったような感じで、賃料を設定して、サブリースをする企業が、その金額を不動産オーナーに支払うことになります。
実際に、そのビルに入るテナントがいようが、テナントがでていこうが、その賃料には変化はありません。
もちろん、変化をつけるような契約になっている場合は別ですが、ある程度の賃料は保証されます。
これが、不動産オーナーに対して安定的な収益を確保する、という点です。
そしてもうひとつが、手間からの解放です。
不動産を経営する大変さのひとつが、テナントを入居させる、そして賃貸借の契約をする、ということです。
テナントを見つけるというのも大変ですが、そのテナントの条件にあうように契約の内容を調整し、同時にこちらがわの利益も確保するというのは、とても手間のかかる交渉です。
それを、一つのビルに部屋があるだけの数を行わないといけないというのは、なかなかの手間です。
そういった、賃貸にかかる手間をすべて請け負ってくれるというのが、サブリースの魅力のひとつだと言えます。
なので、安定的な収益と手間の軽減を図ってくれるサブリース企業には、転貸の差額のメリットや、手間賃としてのいくらかのフィーがいくようになっています。
これを高いと思うか、安いと思うかは、その不動産オーナー次第だと言えます。不動産を持っていて、それを自分で運営できればもちろんベストですが、こうやって、サブリース企業を使うことで、そのコストに見合うだけのメリットを受けることができるとも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>